重度花粉症の新しい治療ゾレア® 高野台いいづか耳鼻咽喉科

東京都練馬区南田中3-7-28 1階

西武池袋線「練馬高野台駅」徒歩3分

desktop_mac順番取りネット予約 event_noteWEB問診 LINE

重症花粉症の治療薬 ゾレア®

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)症状が起こる仕組み

アレルギー性鼻炎とは、花粉やダニなどの本来は害のない物質に対して過剰に反応してしまう状態です。そして、アレルギー反応を引き起こす物質を抗原といい、異物を攻撃する物質を抗体といいます。

それでは花粉症の原因とは、どういったものなのでしょうか。

  1. 空気中のスギ花粉が体内に入ってくると、その抗原に対して反応するIgE抗体が作り出されます。
  2. そのIgE抗体が、免疫細胞の表面に付着し、そこにスギ花粉(抗原)が結合することで、ヒスタミンなどの化学物質が放出されます。
  3. その化学物質が、鼻水・くしゃみ・目のかゆみといった花粉症の症状を引き起こします。

ゾレア®とは

スギ花粉症の重症の方へ効果が期待される新たな治療薬として、2020年より保険承認されました。ゾレア®は、花粉によって作り出されたIgE抗体と結びつくことで、IgE抗体と免疫細胞が結合する働きを阻害し、アレルギー反応を元から抑制させます。
内服では体内に吸収されにくいため、投与は皮下注射によって行われます。

また、ゾレア®は比較的短期間で効果が得られやすいと報告されていますので、面接や受験など、すぐにでも花粉症の症状を抑えたいという方にもおすすめです。既存治療では、スギ花粉症の症状に対して十分な効果が得られなかった方は、当院までお気軽にご相談ください。

治療を受けるための条件

ゾレア®の治療については、新しい治療であるという観点から厚生労働省がガイドラインを設定しており、下記の条件を満たしている場合のみ治療が可能です。

※ゾレア®投与前に、既存治療薬での治療、血液検査(アレルギーの検査等)が必要です。

  • スギ花粉症の重症または最重症の方
  • スギ花粉のアレルギー検査(血液検査)がクラス3以上
  • 花粉症の既存治療を1週間以上行い、効果が不充分であった
  • 血液中の総IgE値が30~1,500IU/mlである
  • 12歳以上の方
  • 体重が20~150kg

※上記の内容を満たしていない場合や、合併症や既往症歴のある場合や、ラテックス過敏症の場合には治療を実施できない場合があります。血中のIgE値や、スギ花粉へのアレルギー反応があるかは、当院で検査を行うことができますので、治療をご希望の方は一度ご相談ください。

副作用

ゾレア®の主な副作用は、注射部位の赤み・腫れ・かゆみなどです。
発生頻度は稀ではありますが、アナフィラキシーショックやめまい、疲労、失神、傾眠などを引き起こす可能性があるため、注射を受けた後にはしばらく安静にして様子を見てください。

治療の計画と費用

ゾレア®の治療は、原因であるスギ花粉のシーズンである2月~5月に行います。2週間または4週間ごとに受診して、投与を継続していただく必要があります。

保険適用ではありますが、新しいお薬のため、他の花粉症治療よりも高額になることがあり、また治療を受ける方の体重と総IgE値によって、価格が変動します。 治療全体にかかる費用の詳細は当院までご相談ください。


所在地 東京都練馬区南田中3-7-28 1階
電話 03-6913-3366
最寄駅 西武池袋線「練馬高野台駅」より徒歩3分
診療科目 耳鼻咽喉科・アレルギー科
診療時間
9:00~12:30 remove remove
15:00~18:30 remove remove remove
▲~13:00まで 休診日木曜・土曜午後・日曜・祝日 混雑状況について
セキノサイトネット
イラストの地図はこちら

練馬高野台駅からのアクセス

地図